ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴールデンウィークと家に帰って発見したもの

<<   作成日時 : 2016/05/05 11:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

ゴールデンウィークです。 仕事上、暦とは関係ないので世間が騒ぐように泊で家族で遠くに出かけるとかはありません。 現実的には予算がないだけの話だけですが・・・(泣)。

画像
とは言っても、公休の日でも娘をどこかに連れていかない事には可哀そうですので、希望を訪ねると「原宿」に行きたいとの事。 内心近場で安くあがるとラッキー!と思っている、情けない親でございます。
昨夜は大荒れな天気だったので心配だったのですが、現地に着くころにはとても良い天気になりました。

画像
竹下通りで、凄い人並みでした。 基本的にはおじさんには用のないところですね。  今回は娘のお子様ショップ巡りで人ごみをかき分けて歩いたので疲れます〜。

画像
歩き疲れたので一寸、贅沢? に休憩。

画像
折角原宿に来たので、妻と娘をキディランドに押し込んで、私は一人近くのイモン原宿店に入りました♪。
日頃使っているイモン池袋店と違ってNゲージの品揃いは少なかったので、カウンターにあった鉄本を購入しました。

画像
買った鉄本は「わが国鉄時代」の最新刊 特集は旧型国電と昭和の風景です。 特集に旧型国電となれは私のツボに入って即買いであります。

画像
先に旧型国電のページを見てご満悦。

画像
旧国ページを見終わって、じっくり最初のページから見始めると・・・!!!。 汽車と映画と別れのうたのページで大映映画の「緑の果てに手を振る天使」の事に触れてありました。 この映画は私がモジュールで製作している信越本線旧関山駅も出てくるのです。 そもそも母親が地元関山を舞台にした映画を娘の頃に見たとの一言で存在を知った映画なのです。

私も以前、この映画の存在について触れていました。
↓        ↓
http://85917907.at.webry.info/201112/article_9.html

画像
この映画は1951年公開の古い映画なので資料も少ないので記事に載っている貴重な映画の写真に感動してしまいました。 妙高山をバックに線路脇に機関士に手を振る少女、鉄道病院に少女を運ぶ列車を待つために線路に降りるシーンの写真を見ながらあの辺かなぁと考えてみたり・・・。 DVD化でもなっていれば直ぐにでも買って見てみたいのですが、現状では無理です。
地元、関山でイベント等で公開してくれる機会があれば面白いと思うのですが・・・。
もし、見る事ができたら、当時の関山の街並みをじっくりと見てみたい・・・そんな欲求が止まりません・・・。


★鉄道ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容に気に入って頂けたらクリックをお願いいたします。
私のモチベーションアップにつながります!

↓           ↓        ↓



にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして
精密なモジュールや建物などいつも興味深く拝見しております。
「緑の果てに手を振る天使」という映画、国会図書館に所蔵の当時の雑誌、「映画芸術」「新映画」「キネマ旬報」にそれぞれ記事が掲載されているので、当時の様子が窺えるかもしれません。国会図書館のサイトでつい検索してしまいました。

城西
2016/05/06 20:17
城西さん、はじめまして。 コメント有難うござます。
国会図書館との方法もあるのですね。城西さんの言うとおり、早速私もアクセスしてみました。成る程、貴重な資料ありそうですね。機会があったら訪ねてみたいです。
今後とも宜しくお願い致します。
ウテ
2016/05/07 06:23
私の小学校1年製の頃まで、映画館跡はありました。
その映画館跡によく捨て猫がおいてあったのを思い出しましたよ。
あの大きな廃墟は何みたいなことを訪ね、母親にあれは映画館だったんだよーって、聞いたことがあります。
映画は探してみれば旧役場あたりにありそうな気もしますが、(教育委員会あたりの倉庫にありそう。)
私もその映画ぜひ見てみたいですね。
ナイトスクープにお願いしてみるとか?
ささ
2016/05/08 22:11
さささん、こんにちは。 映画館跡は跡は今のどの辺だったのでしょうか?。地元の方に訪ねた事がありましたか、いまいちハッキリと分りませんでした。失礼ながら関山に映画館があった事じたい驚きですが、当時としては娯楽は映画くらいしかなかったのでしょうね。本当に見てみたいですね。
ウテ
2016/05/09 08:48
映画館跡は深松組さんのあたりだと思いますよ。(地図上では宿舎?)踏切の50メーターくらい妙高山側だったと思います。
ささ
2016/05/10 22:39
さささん、貴重な情報有難うございます。航空写真でみましたが、スペース的には映画館があってもおかしくない大きさですね。昭和30年代くらいは営業していたのでしょうかねぇ。 若き日の石原裕次郎や高倉健、吉永小百合の映画スターの看板やらポスターが賑やかに飾られていたのかと、色々と想像してしまいました・・・。
ウテ
2016/05/11 17:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴールデンウィークと家に帰って発見したもの ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる