ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS 早朝から苦戦中・・・。 旧関山駅のホームの製作 B

<<   作成日時 : 2013/04/21 10:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

以前より仕事の中身がきつくなり、帰宅して子供が寝付いてから作業を行うつもりでも結局子供と爆睡・・・。
あるイベントの目標に備えて頑張っているのだが、時間ばかり過ぎて行きます。

画像
そんな焦りもあって早朝起床で朝食までホーム製作の作業。
ホームの繋ぎ目は大胆にも竹ひごを刺して補強。バルサ材のホームの台座にはべニア板を使用しています。
バルサ材のホームとの台座の接着は木工ボンドを使用ですが、水溶性のボンドは乾きが遅い上、目の粗いバルサ材はボンドの水分を含んで膨張・・・。
速乾性の木工ボンドも持っているのですが、目が詰まっていたので標準の木工ボンドを使用。
前回経験済みで分っていたのですが、焦るあまり又同じ繰り返しをしてしまった。

画像
オマケにホームの反りを直そうと少し力を加えていたら、べニア板の台座と一緒にホームをベキっ!! (泣)。
一からやり直す事も考えたが、補修してマスキングテープを包帯替わりに固定し直しました。

画像
旧作の待合室も再利用のつもりではいますが、時間が許すなら再製作も検討中です。

画像
島式ホームの場合は両側に線路がある訳ですから、車両との接触しないように位置を気に使いますが、バルサ材のホームの修正は容易です。
次回は少しづつ、ディーテルを増やして行く予定です。

★鉄道ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容に気に入って頂けたらクリックをお願いいたします。
私のモチベーションアップにつながります!

↓           ↓        ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ


にほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
早朝から苦戦中・・・。 旧関山駅のホームの製作 B ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる