ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS 貨物ホーム付近を作り出しました。 旧関山駅ホームの製作 D

<<   作成日時 : 2013/04/27 23:21   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

休日の今日は月一予約診療の膝のメンテナンスで主治医の所へ。
予約でも人気のある先生なので連休初日でもあり、混雑で予約時間の大幅の遅れ、待っている時間は寝てるか、鉄道模型に関する雑誌を読んで研究しているのが何時ものパターン。今回の膝の水抜きは55cc・・・。こんな事をもう○○年も続けています。

画像
病院から帰って午後からはホーム製作の続きで下りホームの直江津方面の貨物ホーム付近の製作に取り掛かりました。最近は我ながら作業が継続して頑張っていると思いますが、同じ姿勢を続けているのて、腰痛が気になります。膝、腰痛、四十肩、老眼と情けない・・・(泣)。
さて、図面どおりに切り出したバルサ材のホームの基本ですが、何か幅の狭さに違和感を感じました。

画像
同じ個所の旧作のホームと比べると明らかに今回のが狭くなっています。そう、図面の段階で寸法間を違えてしまっていたのです。作り込む前で間違いが発見できたので助かりました。

画像
画像
予備のバルサ材で直ぐに切り直し、精神的ダメージ殆どありません〜♪。作業机はバルサや木工パテの切り屑、ヤスリ掛けの粉が飛び散り凄い状態。まめに掃除機を掛けるようにしてますが、健康には良くないですね。

画像
今作っている場所が分りずらいと思いますので・・・。

画像
旧作のモジュールを比べてもらえばイメージが分りやすいと思います。正確には貨物ホーム 跡 付近です。

画像
1980年代の時には既に貨物ホームの役割は終わっていました。

当分の間は地道な木工作業が続きますが、バルサ材の作業は小学生の工作のイメージが大きく、何か懐かしく、木の温かみを感じながら楽しんでいます。

★鉄道ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容に気に入って頂けたらクリックをお願いいたします。
私のモチベーションアップにつながります!

↓           ↓        ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ


にほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
鉄道貨物…懐かしいですね〜。東飯能駅にも荷物扱い所が役目を終え、JRに移行したあともしばらくは残っていました。
現役保険営業マン
2013/04/27 23:57
現役保険営業マンさん、何時も有難うございます。
地元の駅でもあったのですね。
国鉄時代にはどこの駅でもみられてた設備でしたね。
ウテ
2013/04/28 07:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
貨物ホーム付近を作り出しました。 旧関山駅ホームの製作 D ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる