ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS 古レールの柵を試作してみた

<<   作成日時 : 2015/06/25 08:59   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

  久しぶりにブログ本題の旧関山駅モジュール関係の作業です。

画像
  新たな作業は古レールを使った柵です。 鉄道施設には良く見られるアイテムですよね。 画像右手に見えるグレーの柵です。 残念ながら古レールの柵は製品化はされていないので、自作するしかなく、兼ねてから頭の中でどんな感じ製作するかイメージをしていました。 ホワイトメタル製のパーツでもあれば助かるのですが・・・。 

画像
  旧関山駅では数枚の画像から判断して、約12〜15本くらい使われていたようで、さほど多くはありませんが、何せNスケールです。 仮に40番の古レールが使われているとすると、高さは150分一で約0.93mmでそこに0.3mmの穴を開けるのですから、容易ではありません。 古レールの材料はエバグリーンの帯材を凸に合わせてレールに見立てます。 本体は0.5×0.75、底辺は0.28mmの厚さのを使って1本通してみました。 テストで0.75mmの帯材にαモデルのドリルを使って0.3mmの穴を開け、025mmの洋白線を1本通してみました。 上手く中心に開けたとしても理論上は穴のサイドは0.225mmずつしかありません。 こんなシンドイ加工が綺麗に穴2本×15本も出来るまで、気力は持ちません。 


画像
  これは帯材を凸に張り合わせて、レールに見立てたと物と、マイクロエンジニアのコード40番レールを比べたものです。 自作のレール擬きもそんなに悪くないかと・・・。

画像
 穴あけの位置決めの良い方法がないかと、散々テストした結果たどり着いたのが、帯材を先にレールとして作った後に加工する方法です。 レールの底の部分の出っ張りが、ドリルの刃のガイドになって0.75mm幅の帯材の中心に維持しやすくなるのです。

画像
画像
  上は0.25mmの洋白線、下は0.3oの真鍮線を通してみました。 何とか古レールの柵の試作も上手くいったようです。

★鉄道ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容に気に入って頂けたらクリックをお願いいたします。
私のモチベーションアップにつながります!

↓           ↓        ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ






OLD ASHIBA(足場板古材)壁掛けレール(ウォールレール)幅800mm 無塗装【アンティーク風】
WOODPRO
梱包内容 ・壁掛けレール ※吊り金具(三角カン)取り付け済 素材 OLD ASHIBA(足場板古材)

楽天市場 by OLD ASHIBA(足場板古材)壁掛けレール(ウォールレール)幅800mm 無塗装【アンティーク風】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古レールの柵を試作してみた ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる