ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS 信号所の設計に苦戦中

<<   作成日時 : 2016/02/29 10:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

旧関山駅信号所の設計も完成かと思った矢先、次々とミスが発覚・・・慌てて修正中であります(泣)。

画像
思ったより複雑な作りの信号所の為、建物でいう半間のところを一間で書き間違えたり・・・(汗)。

画像
画像
階段部分の支えの柱の間隔の寸法を単純に間違えて、大幅に階段部分も調整、傾斜角度もからんで、非常に苦労しています。 微調整しながら何とかなりそうでが、設計を継続的にやらないと、何を修正途中だか分らなくなりますので、引き続き頑張ります。

★鉄道ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容に気に入って頂けたらクリックをお願いいたします。
私のモチベーションアップにつながります!

↓           ↓        ↓

にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
信号所の設計、ひそかにどうなるか楽しみに見ていましたが、難しいものですね…形も複雑そうで。
階段が跨線橋式と云うのも、雪国ならでは。この階段部分の傾斜角と接続がまた至難の技…当方も駅舎の階段部分の傾斜と接続を何度もやり直してました。
少し角度が違うと、凄くバランスが悪くなるんで苦労しました。これからの製作楽しみにしています。
千早
2016/03/01 07:12
千早さん、こんにちは。
信号所は関山駅の特徴の一つで、設置する場所の解決は難しいところですが、建物だけでも物にしたいと考えています。階段部分の設計は寸法の調整が難しく傾斜角度も写真の見方によって結構変わってくるものですね(汗)。
ウテ
2016/03/01 20:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
信号所の設計に苦戦中 ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる