ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS 信号所モジュールの製作 I  水路のアーチの製作

<<   作成日時 : 2016/07/21 20:44   >>

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

作業時間が欲しいくせに、気分が乗っているうちにブログ更新。 そのうち更新どころではなくなると思いますが、暫くはブログ更新も頑張ります。

画像
今回は水路(農業用水か?)をまたぐアーチの製作を始めました。 トンネルと言った方が正解か?。 これは信号所の建物があった直ぐ脇にあります。 6月に調査した時に寸法を測ろうとしたら、大きな雑草におわれて近づけませんでした。 これは2013年5月に訪れた時のもので、仕方なくアーチ上の手すりから大まかな寸法を割り出しました。

画像
画像をアップしてみますと、表面はコンクリートですが、内部の奥は大きな石済み、上方は煉瓦済みのような感じもしますが、色が違うので、これも石済みなのでしょうか?。 表面の本来の姿は石済みのところをコンクリートで補修したと推測ができます。

画像
当初はバスウッドを切り出して、木工パテでコンクリートを表現したのを作ったのですが、新たにこばるのプラノイタシリーズのモルタルで再製作しました。 内部の大きな石済みはジャンクボックスにあった、津川洋行のトンネルポタールを切り出して使いました。

画像
上方の煉瓦パターンの石済み? は津川洋行のデザインプラスチックペーパー(レンガ150)を購入。 商品に曲がると記載してあったので、こんな急なRは曲がるのかと試してみたら、折はしないものの、断面に空間が・・・(汗)。 どうやら三層くらいに張り合わせた板でした。 ゴムに近いブラで、じわじわと剥がして薄くして急なRに対応が出来ました。

画像
内部はこんな感じとなりますが、モジュールに固定してしまえば殆ど見えませんので、自己満足の世界であります(笑)。

画像
画像
固定はまだまだ先で、上に手すりやら、安全通路やらを取り付けなくてなりません。

さて、肝心な信号所のストラクチャー製作は殆ど前回から手を付けていません。 そろそろ再開しないと思っています。 そして、娘が夏休みに突入しました・・・(苦笑)。

★鉄道ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容に気に入って頂けたらクリックをお願いいたします。
私のモチベーションアップにつながります!

↓           ↓        ↓

にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
かわいい かわいい
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
信号所モジュールの製作 I  水路のアーチの製作 ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる