ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS 納屋の謎の温泉旅館の看板

<<   作成日時 : 2017/05/07 22:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

納屋は完成しましたが、気がかりなのは旅館名の分らないままの看板です。

画像
画像
手前が関山駅信号所、奥が今回作った納屋です。

画像
拡大すると右上の温泉名は一文字。 文字の輪郭は「燕」だと思われますが、同じ一文字の「関」かもしれません。 看板に書いてある温泉名は関山駅が下車駅である燕温泉か関温泉と考えるのが自然であります。 しかし、肝心な旅館名が信号所の建物と配管で隠れている文字が、いまいち分りません。 輪郭的には「中」という文字が近いのですが、文字のバランスがおかしい感じもします。
○屋旅館か○○屋旅館となるのでしょう。 電話番号も読みとれれば、探し出せるかもしれませんが、この画像では無理です。

画像
そこで1975年の時刻表のコピーですが・・・。

画像
今では宿はネットで簡単予約の時代ですが、当時は時刻表の宿の広告で探していた方が多いと思いますが、当時の燕温泉の旅館名を見ると、岩戸屋、ホテル花文、燕ささや、樺太館。 関温泉は朝日屋、ささやホテルと適合しない・・・。 資料不足か・・・。

画像
更に変わった鉄道関係の本を多くもつ友人の資料を借りました。 交通公社の旅行資料 「旅程と費用」なる本。 結構古い本であります。

 
画像
そして、旅館広告欄は燕温泉 岩戸屋旅館、中村屋旅館、旅館笹屋、岡本屋、朝日屋、樺太屋、針村屋と旅館名は増えましたが・・・。

画像
関温泉はさヽ屋ホテル、朝日屋旅館、中村屋、旅館関善と、いずれの温泉も画像の屋の前につく文字らしき物は見当たりません。

燕、関温泉も大きな温泉地ではないので旅館数も限られているのですが、 ネットでも色々と調べているのですが、分らずお手上げです。 実物に拘らず燕温泉に存在する別の旅館名に変えてしまうのも仕方ないかも知りません。

どうか、地元の方でご存じな方がいらしたらお知らせ頂ければ助かります・・・。<(_ _)>

鉄道模型のブログなんですが奥が深すぎますねぇ・・・(笑)。
★鉄道ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容に気に入って頂けたらクリックをお願いいたします。
私のモチベーションアップにつながります!

↓           ↓        ↓


にほんブログ村


にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何て書いてあるのか気になって夜も眠れません(笑)
さざ鉄元部長
2017/05/10 07:19
さざ鉄元部長さん、こんにちは。
そうです、寝られません・・・(笑)。布団の中で駅前にある旅館の名前を思い出したりして・・・。でも、仲間が解決してくれました。その字は分ってっていたのですが、画像を見過ぎると、難しく考えすぎてしまって・・・。
ウテ
2017/05/10 09:14
おお!解決したのですね!これで眠れます(笑)
さざ鉄元部長
2017/05/10 18:15
さざ鉄元部長さん、寝不足させてすみません。私もゆっくり寝られます(笑)。
ウテ
2017/05/10 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
納屋の謎の温泉旅館の看板 ウテのN手帳 「信越妙高鉄道」製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる