35年以上の時代の流れを感じる町並み

1980年代の関山駅付近とグーグルマップにより、現在の関山駅跡を比べてみた。

画像
画像
1985年スイッチバック解消により、駅が移転した結果、現在の旧関山駅跡付近の町並みはご覧のように、すっかり寂しくなってしまい、空き地も目立つ。 当時から残る建物は屋根の修繕で張り替えたり、塗り替えらている。 旧駅前にあったお土産屋さん数店は現在の駅前に移転したが、既に営業はしていなかった。

画像
画像
同様に旧関山駅のスイッチバックの引き上げ線とそこに移転したの現在の関山駅の航空写真を比べて見ました。 下の画像の右側の交差点付近がの現在の関山駅。 ホームは島式で茶色で分かりにくいが、これは冬期に積雪を溶かすために地下水をくみ上げてホームに流している為である。 移転後の駅に合わせて新しい道路が整備され、町並みが形成されていった。

寂しくなった旧関山駅前の賑わいを、せめて鉄道模型の世界だけでも蘇りさせたいと思います。


★鉄道ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容に気に入って頂けたらクリックをお願いいたします。
私のモチベーションアップにつながります!

↓           ↓        ↓


にほんブログ村


にほんブログ村








【中古】図説日本の町並み〈第3巻〉関東編 (1982年)
KSC
「初版発行」1982-07「出版社」第一法規出版「著者」太田 博太郎 (著)お手数ですが最後まで必ず

楽天市場 by 【中古】図説日本の町並み〈第3巻〉関東編 (1982年) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック