新規レイアウト製作開始

やる気スイッチ何処行った・・・前回のご報告どおりレイアウトのスペースが少し増えた?。 のでボチボチ始めようかと・・・。

画像
去年の年末に出来た近所のホームセンターに会員で店内で材料を買えば無料で工具の貸し出しや作業ができる工房があるのを最近気づいた・・・(汗)。

画像
早速材料買い込み工房を借りました。 冷房は効いてるし、大きな作業台で、必要な物があれば直ぐに買えますし、もっと速く気づくべきでした。 もたもた作業している間に、隣の作業台に主婦が巧みに電動工具使いだし・・・こちらはプレッシャーとなります(汗)。 殆どケガキ関係に時間がかかり、台枠の組み立てまで予定していたのですが、 やはり慣れない環境ですし、勿論買い物来ているお客さんのチラチラと視線を感じてしまうので小心者の私はこの辺で撤退。

画像
すっかりホームセンターで長居をしてしまった処で、同じ店内でお茶して休憩していたところ、妻から電話が掛かってきて「いつまで何やっているのよ! 娘の眼科の送迎忘れてんの!!」。

「ハイ! 忘れてました」 急いで帰り眼科へ送迎・・・(大汗)。

画像
診察終わるまでの間に自宅に戻って、ベランダで作業の続き、そして日が暮れました。

画像
さて、現時点で具体的なレイアウトプランが定まっておらず、無謀な計画。 モチーフは国鉄飯山線でC56の似合いそうなレイアウト目指したいと思います。 今まで、飯山線の載っている雑誌やネット画像を睨めっこが続き、この画像は1965年日活が上映した「北国の街」 キャストに舟木一夫、和泉雅子のDVDを鑑賞。 ロケ地に飯山線沿線で頻繁に飯山線のC56が登場します。

画像
画像
北陸新幹線で駅が移転しまった飯山駅。 近年まで当時の雰囲気のままの駅舎でした。

画像
飯山駅構内。

画像
画像
61系旧型客車の質感もたまりません。

画像
信濃平駅。

画像
信濃平駅周りの倉庫も萌えてしまいますが、グーグルマップで現在の様子を見るとがっかりします。

画像
画像
飯山駅構内、当時の服装の様子もとても参考になりますね。

画像
オハユニ61 69  因みに専門書で調べたら、落成時配置が1952.5 十日町、最終配置が長野でした。

画像
何故か架空の信濃城北駅、他が実在の駅なのでわざわざ変える必要があるのか・・・元駅は何処だが気になります。

画像
当時の飯山駅前の様子。

画像
戸狩駅 (1987年3月1日 戸狩野沢温泉駅に改名)
さてさてレイアウト製作はどうなるのでしょうか?。
私自身非常に不安です。 結局今回も時間に追われそうです(汗)。



★鉄道ブログ村のランキングに参加しています。
ブログ内容に気に入って頂けたらクリックをお願いいたします。
私のモチベーションアップにつながります!

↓             ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

さざなみ鉄道倶楽部元部長
2019年06月09日 15:37
 こんにちは。奥様とのやりとり最高です
奥様からの厳しい目をかいくぐっての新作の続きを楽しみにしております
ウテ
2019年06月09日 22:33
こんばんは、さざなみ鉄道元部長さん。  作業に夢中になって送迎の事を見事に忘れていました。 それにしても新作レイアウトの製作告知をして大丈夫かと今更焦っています・・・。

この記事へのトラックバック